袖口が開く様にみえるデザインのジャケットの袖丈を詰めた事例です。

袖丈を詰めることにより、寸法によっては開きの重なっている部分がなくなってしまうので、
その場合は、袖幅を5ミリほど詰めることによって、若干の重なりを新たに作ります。
(開くように見せかけるデザインにします)
また生地の素材によっては、ボタンを移動した際に、元の跡が残る場合がございます。

また「額縁」というスリットの角のところに対角線的に縫い目の入っているデザインのものが
ございますが、場合によっては作り直せないものもございます。

袖口のデザインを完全に残す事をご希望の場合は、袖付けの方で詰める必要があります。
ただし袖丈詰めの寸法が大きい場合は、袖付けの幅が小さくなってしまうので注意が必要です。

ジャケット袖丈詰め(開きみせ)

¥3,500価格

〒001-0029

札幌市北区北29条西4丁目2-1-112

ファミール札幌1階

洋服お直しのFUKUKOU

fukukoukk@gmail.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2023 by DRY CLEANING. Proudly created with Wix.com